Browse Category

消費者金融

消費者金融

時代の流れで細分化が明確な定義は存在しません。

「キャッシング」、「ローン」、「カードローン」など、お金を借りるという行為に対しては呼び方が色々あります。その違いは少しわかりにくいですが、結論からいうとこれらの言葉は、時代の流れで細分化が進んでおり、明確な定義は存在しません。しかし、用法は業界や業者によって多少異なってくるのでトラブルを避けるためには、借りる前にしっかりと、審査基準、利率、限度額、返済方法などの詳細を確認しておく必要があります。
「キャッシング」とは、英語でCashing(現金化)を意味し、保証人も担保も必要とせずに、目的自由な現金を借りる金融業の形態のことを指します。ローンの細分化の結果、顧客に広く受け入れられたものといえます。また、現金化とは、本人の借金返済能力に対して現金を貸すたとえのことです。傾向として、無担保であるために、融資額は低く、利率が高めでであるのが特徴です。返済方法は短期になるべく一括払いとしています。
「ローン」と「カードローン」は、ほぼ同義語です。英語でLoan(貸付金)を意味し、住宅ローンや自動車ローンなどのように用途が明確な融資というイメージになります。傾向として、担保を必要とし、融資額は高く、利率は低めです。つまり、個人的無担保融資といった意味合いで使われています。返済方法は長期分割払いとしています。
少しややこしくなりますが、二つの言葉をつなげた「キャッシングローン」というのは、その名のとおり、両者を組み合わせたものといえます。お金を借りるときは無担保の現金で、返済方法は長期分割返済となっています。現在はだいたいこの形態で完成されています。あとは顧客の立場に応じて様々な条件が細分化されています。